• [ 商品コード ] cd00003
  • 立石おじさんが語る岡山の昔話1  −おもしろ話−
   立石憲利 (たていし のりとし) プロフィール

岡山県津山市生まれ。民話を採録して50年、約7000話を収録、13人の100話以上の語り手を発掘。
語りも行う。現在、岡山民俗学会理事長、日本民話 の会運営委員。
著書、『中国山地の昔話』など多数。ビデオ『岡山の祭りと芸能』(全23巻)の企画、監修など。

【受賞履歴】
久留島武彦文学賞(平成17年度) 山陽新聞賞(平成18年度) 岡山県文化賞(平成18年度)


【内容】
岡山県に伝わる昔話を集めました。
おもわず笑ってしまうおもしろい話。なるほどと思わせる気の利いた話など。
何回聞いても楽しい立石おじさんの語りでお伝えします。昔話の採録者自身が語る「語り部のCD」は日本初です。

桃太郎
「寝太郎」のような桃太郎。鬼退治にも行きません。全国でも、備中地方とその周辺だけで 伝承している昔話です。
ちゃっくりかきふ
お茶と栗と柿と麩(ふ)を売りに行く。なんとか売りさばきたい一心で発する、売り声の「茶栗柿麩」「茶は茶で別々・・・」がおもしろいですよ。
豆とわらと炭の旅
大豆にある黒いへその由来を説明する話。昔の人々の、とてもやさしいまなざしに脱帽です。
おさん狐
狐にだまされた話の中でもおもしろさ抜群。あれれ?なんか変??どの段階でだまされたか考えてみよう。
竹切り爺
「日本一の屁こき爺」とも言われる話。おもしろさ大放出です。屁の音は地方によって異なりますね。
ぶつ
ご飯を炊くとブツブツ音がする。ぶつは呼ばれたと思って返事をしてしまうお話です。ブツのひき起こす失敗話に大爆笑。
ねずみの浄土
地下にあるねすみの国。2人のお爺さんがその国を訪ねたのだが、いったいどうなるのでしょう。
みみずと土
夏、道や公園で干からびて死んでいるミミズをよく見かけます。不思議だと思いませんか?なぜ死んでいるのでしょうか。
  • [ 商品コード ] cd00003
  • 価格1,800円(税込)
戻る