• [ 商品コード ] cd00005
  • 立石おじさんが語る岡山の昔話3 −動物の話−
   立石憲利 (たていし のりとし) プロフィール

岡山県津山市生まれ。民話を採録して50年、約7000話を収録、13人の100話以上の語り手を発掘。
語りも行う。現在、岡山民俗学会理事長、日本民話 の会運営委員。
著書、『中国山地の昔話』など多数。ビデオ『岡山の祭りと芸能』(全23巻)の企画、監修など。

【受賞履歴】
久留島武彦文学賞(平成17年度) 山陽新聞賞(平成18年度) 岡山県文化賞(平成18年度)


十二支の由来
ネ。ウシ、トラ・・・。十二支の中に、どうしてネコが入ってないの?
亀の甲のいわれ
昔、亀の甲は卵のようにツルツルでした。なぜ、今のように割れたのかな?
雨蛙は親不孝
雨が降りそうになると雨蛙がガッガッガッと鳴き出す。なぜ鳴くのだろう。
人参とごぼうと大根
どうして人参は赤、ゴボウは黒、大根は白くなったんだろう?
兎とヒキの餅争い
山の上から餅の入ったウスを転がす。兎とヒキガエルどっちが取るか。
狐と狸の化けくらべ
四国のタヌキと岡山のキツネ。どっちが上手に化けるかな?
モグラと太陽
昔は太陽が七つもあったそうな。どうして今は一つ?
狐と獅子と虎の競争
日本のキツネ、中国の獅子、天竺の虎が競争。だれが勝つ?
蛇と蛙
蛇が蛙を呑んでいるのを見たことある?どうしてそうなったのか・・・。
法印と狐
「法印はおらんか、法印はどこなら」女幽霊の正体は?
嘉平衛鍬
カラスやニワトリの鳴き声を、うまく取り入れた昔話
  • [ 商品コード ] cd00005
  • 価格1,800円(税込)
戻る